2007年09月23日

弩素人の始めるオンラインカジノ

長らく空けてきましたが再開します。

とはいえ、いきなりですが吹っ飛びました

500ほどですね

寝ぼけながらマーチンやっててひどい目にあったよわたしゃあってところですね

洒落にならない

というか何故プレイテックのルーレットは上限が決まってるのにそれを越えて賭けることができるんでしょうか?

気付かぬうちに200ドルちょっとかけていて自分でびっくりしましたよ


そんなわけで今日はマーチンゲール法について説明します。

まぁ要するに負けたら掛け金を二倍にしていけばそのうち勝てますよって方法ですね

ハイリスクローリターンという最悪な賭け方
というわけでもなく一応資金さえあれば期待値を限りなく1に近づけることができるやり方です

利点 一応期待値は高くできる。資金さえ無限にあれば理論上負けないやり方
欠点 掛け金に対して儲けが少ない。基本的に掛け金上限が決まってるので破綻が見えている。

おおまかな期待値
一回目なら50% 二回目なら75% 三回目なら87% 四回目なら93% 五回目なら96% 六回目で96% 七回目で99%(小数点以下全て切り捨て)

このまま延々と賭けていけば9が増えていくだけです。
とはいっても期待値が上がっていっても結局その時その時は50%の的中率なんですからただ賭ければいいというわけでもないと思います。
普通に賭けていけば七回目には127単位なくなりますからね

マーチンゲール法にはいくらかパターンがあって勝ったときに掛け金を倍にする逆マーチンゲール、増やす際に二倍+一をするグランマーチンゲール、またここまで行ったら終了する、と決めておくミニマーチンゲールというものがあります。

個人的にはミニマーチンが一番好きでしょうか。
周りを見ると大体四回目で止めてるんですけど私は五回目まで行きます。
その代わりいくらか賭け方を変えますが。
基本的に私は基本金を変えないでグランマーチンゲールの変形を使います
例を挙げましょう

    1回目 二回目 三回目 四回目 五回目 
掛け金  1   3   7    15   30
利益   +1  +2   +3   +4   +4

こんな感じですね。掛け金が大きくなってくると負けやすくなるって言うのはオカルトでよく言う話ですけどそれのせいで四回目でみんな止めるんでしょうね
私も五回目まで行くとは言いましたが実際のところだいたい四回目で終わってしまいます。
そこは期待値見てもらえばわかると思うんですが四回目で90%越えるんですよね。
私もそこで駄目ならって思ってるんで一応五回目は設定してありますが気分で使ったり使わなかったりです。
一日十セットくらいならこの賭け方で大体15〜20単位くらいはかたいですよ?
ご使用は自己責任でお願いします。
posted by karo at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。